読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもてうら倉庫

~とあるブログの運営メモ~

Wordpressでは必須の「noindex」、はてなブログでは?

はてな Wordpress

noindexは必須か?

こんにちは。

おもてうらです。

今回は、SEO関連でよく話題にあがる「noindex」について、昔話をしてみたいと思います。

Wordpressで「noindex」が必須な理由

まだ私がWordpressでブログを始めたての頃のお話です。

自分のブログ名をGoogle検索するというのは、誰しもが通る道だと思います。

「ちゃんと自分のブログがトップに表示されるだろうか?」

そんなことを考えながら、例に漏れず、私も自分のブログを検索していました。

ブログ名は他と競合しないものを選んだので、もちろん検索トップに表示されました。

それは良かったのですが、そのすぐ下に、自分のブログのタグ別アーカイブページが表示されているのを目にしたでのす。

開いてみると、内容は「まだ投稿がありません!」のみ。

まだ投稿がありません

「なんだ、このゴミページは・・・」

当時、これを見て愕然としたのを今でも覚えています。

消えないタグページ

こうなってしまった経緯ですが、Wordpressではカテゴリーのほか、記事にタグを設定することが出来ます。

このタグを一度設定すると、タグ別アーカイブが自動生成されるのですが、その記事から当該タグを削除しても、タグページは残り続けます。

このタグページは、記事が投稿されることもなく、何の情報も持たずに存在し続けるのです。 

ただ存在する分には構わないのですが、なんせブログ名で検索した時にトップページのすぐ下に表示されてしまうわけです。これは非常に困ります。

誰かの目に触れれば、「こんなゴミページを作っているのか・・・」と思われて、マイナスイメージになることは火を見るより明らかです。

もちろん、当該ページはすぐに削除しました。が、またいつ同様のページが生成されてしまうとも限りません。

閲覧者から見てゴミだと感じるページは、検索エンジンから見てもゴミでしょう。

ということは、ゴミを掲載するサイトの評価もゴミになってしまうのでは?

これはピンチです。

noindexという神

ここで活躍したのが「noindex」です。

noidexを設定すると、当該ページを検索エンジンから除外することができます。

これで、先ほどのようなゴミページが意図せず生成したとしても、閲覧者にも検索エンジンにもマイナスイメージを与えずに済むわけです。

noindexってなに?という方は、下記ページがわかりやすいかと思います。

www.seohacks.net

いちいちnoindexを設定するのは面倒では?と思うかもしれませんが、Wordpressには「All in One SEO Pack」というSEO関連の設定を一括でやってくれるプラグインがあるのです。

これは非常に便利で、はてなブログに無いのが残念なほどです。

まだまだあるよ!ゴミページ!

その後、いろいろと調べてみると、他にもゴミページがありました。

Wordpressにおけるベストオブゴミページは、何と言っても「メディアページ」でしょう。

メディアページとは?

例として、「東京大学|大学院教育学研究科・教育学部」のWebサイトをあげてみます。東京大学の大学院のページですが、こちらもWordpressで作成されています。

上記サイトの中に、キャンパスガイドというページがあり、このTOPにはキャンパスの航空写真(campusguide.png)が掲載されています。

この航空写真のファイル名を、ページURLの後ろに追加してやると・・・

http://www.p.u-tokyo.ac.jp/cg/campusguide

東京大学の航空写真

このように、写真だけのページが表示されると思います。

そう、Wordpressでは、記事中に挿入した画像単一のページをわざわざ作成してくれちゃうのです。

いやー、これは要らないですね。本当に。

 

この他にも、月別アーカイブや検索ページ、404ページなどは、情報量が乏しかったり、他のページと内容が重複していたりで、あまり優良なページとは言えません。

こういったページも、検索エンジンに表示する必要が無いので、今ではnoindexを設定しています。

はてなブログではどうなの?

はてなブログはどうなんだろう?というお話ですが、当たり前のようにWordpressのプラグインは使用できません。

noindexの設定も、記事中にJavascriptを手動で仕込むしかないようです。

www.interest-blog.com

この様子だと、カテゴリ別アーカイブだとか月別アーカイブといった、個別ページに挿入する術は無さそうですね・・・。

元々、はてなブログはSEOに強いとの噂ですし、Wordpressのようなタグページやメディアページは無いので、そこまで気にしなくて良いのかもしれません。

ちなみに、上記方法で個別記事をnoindexにした場合、テンプレートによってはサイトトップもnoindexに設定されてしまう場合もあるようなので注意が必要です。

noindexって効果あるの?

そもそも、noindexにSEOとしての効果はあるのか?という話ですが、すみません、わかりません。

それなりに勉強はしていますが、そこまで精通しているわけでも、ましてやGoogleの社員でもないのでわかりません。

一般的には、不要コンテンツをnoindexとすることで、サイト全体の評価を上げられると言われています。(サイトの質が向上した様に見えるため)

とはいえ、少なくともそのページからの検索流入は0になってしまうので、あまりに多用すると、かえって検索流入が減ってしまうかもしれません。

s-supporter.hatenablog.jp

私自身、他のブログやサイトにおいて、記事自体をnoindex化したことはありません。どれも価値があると思って書いているからです。

noindexを設定しているのは、先に述べたタグページやメディアページ、月別アーカイブなどだけです。

これで十分アクセスは稼げていますし、これ以上何かする必要は無いと思っています。

 

はてなブログでは・・・そもそも出来なさそうなので、何もやらないと思います。

月別アーカイブだけは、noindex化したいなあと少し思いますが。笑

 

とりあえず、noindexに関する昔話?は以上です。