DDoS攻撃でサーバーダウンさせて金銭を要求する事案

DDoS攻撃騒動

こんにちは。

おもてうらです。

今日は、アフィリエイター界隈で話題になったDDoS攻撃騒動について経過をまとめてみました。

サーバーダウン事案発生

私自身、あるツイートから今回の騒動を知りました。

どうやら、「DDoS」という名前のTwitterアカウントが、特定のサイトに対してDDoS攻撃を仕掛け、サーバーをダウンさせているとのこと。

DDoSって何?という方は、「DDoSとは - IT用語辞典 Weblio辞書」を読んでみることをお勧めします。ザックリ言いますと、複数のコンピュータ―を使用してサーバのトラフィックを増大させ表示不能に陥れる攻撃です。

今回攻撃された「みやえら」さんは、この「DDoS」と名乗るアカウントとDMで交渉して、攻撃を止めてもらったようです。

DDoS攻撃主と交渉するのはどうなんだろう?とも思いましたが、ひとまずこれで収束するのかなと思っていました。

再びサーバーダウンさせられる

ところが、再び「みやえら」さんのサイトがサーバダウンさせられたようで、ご本人のTwitterにてその時のDMのやり取りなどが公開されました。

公開されている内容がなかなか凄いので、一度読んでみることをお勧めします。

簡単に説明すると以下のような内容です。

  1. ある依頼主から攻撃するよう依頼を受けた。
  2. 依頼主になれば攻撃はしない。
  3. 依頼主になるには金銭を支払うか、他のターゲットを紹介する。

なかなかに衝撃的な内容です。

DDoS攻撃は違法なのですが、攻撃主は海外経由でIP偽装も行っていることから、特定が難しいとのこと。狙われたら成す術がなさそうです・・・。

Twitter上の反応

その後

現在では「みやえら」さんのサイトは復旧していますが、とりあえず警察に被害を訴えるそうです。

ご自身のTwitter内で啓蒙のためのツイートをいくつかされています。

DDoS攻撃を受け続けると、サーバ会社側から凍結を食らうこともあるようなので、何とも身の凍る思いです。

何日もアクセスできなかったら、サイト運営者としては死活問題ですよね・・・。

素人ではいかんともしがたいところですが、とりあえず上記ツイートにもあるように、脅迫には屈しない方が良いでしょう。

また、当然ですが、こうしたDDoS攻撃を依頼することも犯罪となりますのでご注意ください。

DDoS攻撃対策に「CloudFlare」が有効?

以下のツイートの中で、DDoS対策に「CloudFlare」が有効だと紹介されています。「CloudFlare」にはメリット・デメリットがありますので慎重にご検討ください。

ツイート内のリンク先は興味深い記事でしたので一読をお勧め致します。