私がブログを始めた理由

ブログを始めた理由

こんにちは。

「おもてうら」と申します。

この記事では、私がこのブログを始めた3つの理由についてお話したいと思います。

「とあるブログ」の運営メモ

サブタイトルにもありますように、「とあるブログの運営メモ」を書くのが一番の目的です。

実は本ブログ以外にもいくつかブログを運営しているのですが、それらがいわゆる「ジャンル特化型」でして、そちらにWeb関係のことが書きづらいというのがありました。

ブログを運営していると、様々なところで疑問や課題が発生し、その都度解決策を模索することになると思います。

ここで問題となるのが、その解決方法をどこかにメモしておかないと「忘れてしまう」ということです。

どこかに私の全ての疑問・課題の解決方法をキレイにまとめたサイトがあれば良いのですが、自力でやることもあれば、複数のサイトを見比べることもあり、なかなか一つで事足りることはありません。

「じゃあ自分で作ってしまえば良いのでは?」というのは誰しもが考えることで、その結果辿り着いたのが本ブログというわけです。

ちなみに、「ブログ」という形式を選んだのは、あくまでメモなので、体系的にサイトを作るほどの情報量にはならないと考えたためです。また、フォーマットが既にあるので手間がかからず、オフラインで資料化するよりも参照しやすいといったメリットもあります。

「はてなの住人」に興味があった

実を言うと、私は今まで「はてなブログ」というものをやったことがありませんでした。

ネット上で記事を見かけることはありましたが、はてなIDを持っていないため、はてなブックマークをすることもなく、ただの一読者として記事を読むだけでした。

それで特に不都合もなく過ごしてきたのですが、最近なぜだか「はてなブログ」を生業にするブロガーさんに興味を持ってしまったのです。

きっかけは「やぎろぐ」というブログを見つけたことに始まります。

 

www.jimpei.net

 

彼は現在、Wordpressにてブログを運営していますが、元ははてなブログの住人だったそうです。

彼の生き方には少なからず衝撃を受けましたが、それ以上に衝撃を受けたのが、彼に物申すためだけに記事をしたためるブロガーがいたことです。

自分のブログの中で、他のサイトやブログに対してリンクを張ることはもちろんあります。しかし、それは出典を示すためだったり、詳細情報の参照のためであって、相手のブログ(記事)について言及するためにリンクを張るということはありませんでした。

「あるブロガーが投稿した記事に対して、他のブロガーが連鎖反応的に記事を投稿する。」

こういった世界があることに驚きましたし、同時に面白いなとも思いました。

その後、「やぎろぐ」について言及していたブログからリンクを辿っていき、最終的に行きついたのが「はてなブログ」でした。

はてなブログで日々行われる、マッチポンプや馴れ合いともとれるような記事の応酬は、私の好奇心を大変刺激しましたし、もっと近くで見てみたいと思うまでそう時間はかかりませんでした。

「このやりとりを間近で見るなら、はてなIDを持っていないとお話にならない」、そう考えた私は、今回はてなブログの世界に足を踏み入れることにしたのです。

「はてなブログ」に興味があった

これは一つ前の項目と似ているのですが、もっとシステム的な話です。

「はてなの住人」に興味があるのは確かですが、それに加えて「はてなブログ」という媒体自体にも興味がありました。

今まで、LivedoorブログやWordpressを始め、多くのブログサービスを利用してきましたが、はてなブログだけは手を出したことがありませんでした。

ブログの世界でこれだけ幅を利かせている「はてな」を知らないということに、ある種のコンプレックスを抱えていたのですが、今回ようやくそれを克服する機会に巡り合えました。

今まで、はてなブログに手を出さなかったのは、その独特な雰囲気に気圧されていたのが大きいと思います。それが、前述した理由から興味の対象に変わり、精神的なハードルが取り払われたことで、いまこうして記事を書くに至っています。

冒頭で「システム的な話」と言いましたが、カスタマイズ性やSEO関連の話など、実際に触れてみなければわからない部分は多くあります。

特に関心があるのが、「はてなブログのアクセス数は凄い」という点です。これはブログサービスの比較記事でよく目にしました。

それが「ドメインパワー」に起因するものなのか、はたまた「はてブ」などに代表されるソーシャル面でのものなのか、本当のところはよくわかりませんが、自分で経験することで少しでも知見を得たいと考えています。

おわりに

ここでは、私がこのブログを始めた理由について、3つのことをお話しました。

「とあるブログの運営メモ」が一番の理由だと言ってはいますが、記事の分量から見ても、後半ふたつの「はてな(ブロガー)への興味」の方が強いように感じます。笑

とりあえずは、別で運営するブログやサイトのメモを垂れ流しつつ、「はてなの住人」の方々の面白いトピックがあれば、少し首を突っ込んで言及するかもしれません。

そんな感じでやっていきますので、よろしくお願い致します。