おもてうら倉庫

~とあるブログの運営メモ~

ブログを毎日更新するのはしんどい

ブログの毎日更新はしんどい

こんにちは。

おもてうらです。

今日は、ブログの毎日更新について思うところをお話します。

毎日更新は精神的にしんどい

よくブログ論なんかでは、「毎日更新しよう!」なんて書いてあります。

それを真に受けて、毎日更新しなきゃ!と思うと、かなり辛くなってきますよね。

休日が無い

ブログって、別に誰かに強制されてやるものじゃないです。

自分で考えて、自分で決めて、自分でやるもの。

だからこそ、ペース配分というか、「余裕」の持たせ方が難しいんですよね。

最もあるあるなのが、「休日」が無くなるということ。

ブログを毎日更新するということは、土日祝日も休まずブログを書かないといけないわけです。

普通の仕事であれば、休みの日は仕事を忘れてリフレッシュできますよね。

でも、ブログの場合は、自分で「休み」を設定する必要があるんです。

そうしないと、休日も何もなく、常にブログに囚われる生活になります。

有名ブロガーさんは、結構この息抜きが上手で、ブログに囚われない生活スタイルを築いているように感じます。

毎日更新自体が目的になる

毎日更新を意識しすぎると、それ自体が目的にすり替わっちゃうんですよね。

本来ブログって、「情報発信」をしたり「自己表現」することが目的のはずなのに、それを見失ってしまうんです。

それこそ「日記」で良ければ毎日更新も可能だと思います。

芸能人の方は、その日常に興味がある人が多いので、「今日○○があった!」とか、そういうレベルの内容でも十分なんですよね。

むしろ、どんなくだらないことでも良いから、毎日更新する方がメリットが大きいように思います。

でも、一般人の日常に興味がある人なんてほとんどいません。

熱狂的なストーカーくらいじゃないでしょうか。

そう考えると、毎日更新するメリットってほとんど無いんですよね。

毎日更新を意識した場合、どうしても「ネタを絞り出す」必要が出てきます。

この「絞り出す」作業がとてもつらい。

ブログを書くことが目的になると、どうしてもこの作業感が出てきます。

これほど虚しいことはありません。

ブログ更新の意味を失う

休日もなく、常にブログのことを考えていると、だんだんと精神的に追い詰められていきます。

ここで、思い切ってブログの毎日更新をやめられれば良いんです。

でも、毎日更新自体が目的となってしまった人が、毎日更新をやめるとどうなるでしょうか。

本来あるはずのブログの目的が、「毎日更新をすること」にすり替わっているので、それをやめた途端にブログ更新の意味を見失います。

人間は意味の無いことを続けられるほど、強靭な精神を持ち合わせていません。

こうなると、ブログをやめるのも時間の問題でしょう。

そのスパンがちょうど3カ月くらいですかね。

ブログを長く続けるには

ブログを長く続けるには、ブログをライフサイクルにしないことが重要だと思います。

何かしら書きたいことがある時にだけ更新すれば良い。

そういう心持ちが大切です。

自分の生活や感性を切り売りしていって、毎日それを吐き出せるほどストックのある人なんてほとんどいません。

無理をしても、人間続かないのです。

「ブログを更新しなきゃ」と思ったら、それはもう破滅への一歩を踏みだしています。

「これ書きたいな」と思った時にこそ、ブログへそれを吐き出すべきです。

 

ブログの毎日更新は、とてもしんどいものです。

しんどいなと思ったら、すぐにやめた方が良いと思います。

毎日楽しく更新して、読者も惹きつけられる人なんて、ごく一部の異常者だけです。

それ以外の人には、多くの苦悩が付きまといます。

それが当たり前なんです。

 

日常から「やらなきゃ」をそぎ落とすほど、人生は楽しくなりますよ。